換気扇に巣を作られたときのコウモリ駆除及び鳩駆除の方法

コウモリも鳩も、知らない間に住み着いています

換気扇での駆除を依頼

換気扇内部に住み着かれたコウモリや鳩は駆除の手段も少し違ってきます。よって、ここでは換気扇に住み着いた鳩及びコウモリの駆除方法を紹介しましょう。

コウモリ駆除の流れ

換気扇にいるコウモリを駆除

駆除の第一段階として、巣を作っている場所に忌避剤を散布します。この忌避剤は基本的に無害であり、臭いも殆どないものを用います。また、散布するタイミングは主にコウモリが活動を始め、巣から出て行くときに行なわれることが多いです。第二段階として、追い払った後の糞尿の清掃を行なった後、侵入口を塞ぐことで駆除は完了します。

換気扇に侵入しないよう予防

侵入口の防ぎ方の具体的な方法は、主に金網やパテなどを用いて入り口を塞ぎます。そうすることで戻ってきたコウモリが再び換気扇内に住み着くことを防ぐことができます。さらに前述した忌避剤の効果もあり、コウモリが寄り付かなくなるのです。また、他にも施工が必要な侵入口はあるかどうか、今後再び侵入してくる可能性はあるかどうかを確認します。

鳩駆除の流れ

換気扇にある巣と鳩を捕獲

こちらも、基本的な流れはコウモリ駆除と同じです。換気扇内に巣を発見した場合、まず追い出しを行ない、しかる後に巣を撤去します。そして巣を撤去した後は周囲の分を清掃し、消毒と防菌作業を行ないます。そして最後に忌避剤を撒いて鳩が住み着きにくい状態にします。これで鳩駆除は終了です。清掃はしてくれない業者がいることもあるので、気になる場合は事前に確認しましょう。

換気扇を塞ぐ・罠を設置する

鳩は帰巣本能が高く、対処をしてもまた巣に戻ろうとすることが多いです。そんなハト対策のための道具は多いです。こちらもコウモリ駆除と同じくネットやパテで侵入口を防いだり、電流を流して追い払うという手段もあります。電流で鳩を傷つけた場合鳥獣法に抵触するので、流す電流は非常に微小です。しかし、この電流は鳩に恐怖を与えるため、再び戻ってくる確率は低くなります。